【栽培上の注意】 播き時期 プラグトレイや箱に播いて、双葉展開後、気温を昼25℃、夜13℃前後目安に管理。

本葉2.5枚目安で10.5〜15cm鉢に鉢上げし、開花直前まで育苗 播種方法 育苗条件を確保できない場合は、無理に早播きしない方が栽培容易です。

春まきは、3月お彼岸すぎに播き始めるのが、家庭では育苗しやすい。

植え付け 主枝一本仕立ての場合、株間40cm程度。

60cmプランターには最大2株。

支柱を立てます。

土壌条件 日当たりよく、肥沃で水はけのよい土壌が良い。

肥料 元肥:1m2当り、堆肥2kg、苦土石灰20g、低度化成肥料120g程度。

追肥:第1果房の果実が着色開始時、その後20〜30日おきに低度化成肥料を20g/m2目安に与えます。

収穫 赤く色づき、熟したものからもぎ取ります。

料理 横に4分割し、丸太のような形にしたものをフライパンで両面蒸し焼き。

目玉焼きと一緒に調理すると、朝食がグレードアップ。

焼くことで味が濃くなりおいしさが増す。

種子と責任種子は努めて純良なものをご用意しておりますが、商品の性質上100%の純度や発芽は望めません。

商品の包装等に記載のある、発芽試験結果を満たした商品をお届けいたします。

発芽は播種後の条件により結果が異なるため、温度や水分などを品目ごとに適した条件下で管理してください。

不適条件下では発芽しないことがあり、また100%同一ではなく、まれに異株が出る場合がございます。

種子・苗などについて、発芽後および植えつけ後の栽培条件や天候などによって結果が異なりますので、商品の生長後や収穫物に対する補償はいたしかねます。

また商品の性質上、結果不良につきましてはお買い上げ金額の範囲内とさせていただきます。

(お客様の栽培管理や気象条件による結果不良につきましては、その責任を負いかねます)独自に加工されたものや、お届け後に有効期限を超えられたものにつきましては責任を負いかねます。

野菜などの収穫物については、品種の特性や栽培条件などにより生育に差が生じることがあり、収穫物のサイズ、重量、味などは掲載表現と異なる場合がございます。

ボンジョールノ加熱調理でたくさん食べたいイタリアントマト。

中大玉で収量も多い。

【特性】果実は卵形で濃赤紅色、果重100〜140g。

一般のトマトと異なり水っぽくなく、適度の酸味があり肉質はしっかりしている。

軟化が遅く日持性も良好。

トマト黄化葉巻病に強耐病性。

萎凋病、半身萎凋病、ToMV(Tm-2a)、サツマイモネコブセンチュウに抵抗性。

病気に強く、極めて作り易い。

【栽培上の注意】育苗は、気温が低いと生育遅延し定植後の生育に悪影響が出る場合があり、昼夜温共に高く温度差が無いと徒長しがち。

昼間十分な水分と光を与え、夜温を低く管理するのがポイント。

梅雨明け後には、株元に敷き藁を追加するなど急激に乾燥しないようにします。

病虫害:薬剤の説明に従って防除してください。

おすすめレシピ 卵のポモドーロ煮 誰もが大好きなシンプルでおいしいイタリアの家庭料理 材料(2人分) ポモドーロ 10個 タマネギ  半個 バジリコ  数枚 オリーブオイル  適量 塩コショウ  適量 調理方法 1.みじん切りにしたタマネギをオリーブオイルをひいたフライパンでいためる。

2.タマネギが黄金色になったところで、ざく切りにしたポモドーロを入れる。

3.バジリコを加え、塩コショウし、じっくりと煮るようにポモドーロが完全にやわらかくつぶれるまで炒める。

4.全体がソースのようになったところで、中心にくぼみをつくりそこへ卵の中身を落とす。

5.蓋をして卵の黄身が半熟になったところで火を止める。

卵の黄身とポモドーロのソースを混ぜ合わせながら、パンと一緒に食べます。

(グストイタリア レシピページより引用) 小袋種子の内容量表記について農作物である商品の特性上、小袋パッケージの商品に関しましては、販売時期により、内容量が変更になる場合があります。

商品名に内容量が記載されている場合がございますが、あくまで目安であり、1mlほど前後するものとお考え下さい。

また、内容量が増減したことによる価格の変更もありません。

あらかじめご了承いただいた上で、ご注文をお願いいたします。

レビュー件数0
レビュー平均0
ショップ 【菜園くらぶ】家庭菜園の専門店
税込価格 308円
みてほうだい
みてくれの